VIVANTノコルは野崎の部下だった?公安からテントへ?

アフィリエイト広告を利用しています
ドラマ
スポンサーリンク

 

「VIVANT」の第7話が27日(日)に放送されました。

その衝撃の急展開に驚かれた方も多いのではないでしょうか?

ネット上では、ノコル(二宮和成)は、元公安で野崎の部下だったのではないか?という声が多く聞かれます。

今回は、ノコル(二宮和成)が野崎の部下だったこと、公安からテントになったことについて考察していきます。

VIVANTノゴーンベキはなぜテントのリーダー?ジャミーンは乃木の妹?

VIVANTスネイプ社の意味は乃木の二重スパイ!ハリーポッター伏線!

VIVANT薫が怪しい!テントか公安の可能性とまさか別班?

VIVANT乃木の裏切りなぜ?別班4人は死んでいない!棺偽装と黒須についても!

 

VIVANTを全話見るならU-NEXT

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VIVANTノコルは野崎の部下だった?

野崎の優秀な部下なぜ死んだ?

第7話の始めの方で、公安の野崎(阿部寛)が乃木に対して、「乃木に似た自分の優秀な部下が任務中に亡くなった」と話しました。

野崎の優秀な部下リュウ・ミンシェは、中国で共に任務にあたっておりその時の一線を越えた捜査で亡くなったと話していました。

 

野崎が乃木に部下の話をしたのはなぜ?

野崎が乃木に部下リュウ・ミンシェの話をしたのはなぜなのでしょうか?

野崎は乃木と元部下を重ねて、乃木が行き過ぎた行動をする可能性を案じていたからかもしれません。

そして乃木は、「鶏群の一鶴」「眼光紙背に徹す」ということわざを伝えます。

ことわざの意味は、「多くの凡人の中に、一人だけ抜きん出てすぐれた人がまじっていること」、「書物を読んで、字句を解釈するだけでなく、その深意までもつかみとること。注意力や理解力が鋭いこと」です。

乃木はこれからの自分の行動の深意をわかってほしいとの思いを込めたのではないかと思われます。

VIVANTを全話見るならU-NEXT

 

ノコルは野崎の部下だった

乃木に話したかつての部下とは、ノコル(二宮和成)の可能性があります。

ネット上では、野崎の元部下はノコルという声が多くあがっています。


VIVANTノコルは公安からテントへ?

野崎の部下は実は生きていた

野崎の部下がノコルだとすると、実は生きていたことになりますね。

ノコルはなぜテントの幹部になったのでしょうか?

 

ノコルはノゴーンベキに助けられた?

ノコルは任務中に亡くなったとされていますが、瀕死のところをノゴーンベキに助けられて、息子になったのではないかと思われます。

他には、ノゴーンベキがバルカの子供を養子にして、その子供がノコルなのではないか?という考察もありました。

 

ノゴーンベキと同じく公安からテントへ

ノゴーンベキは元警視庁で勤務しており、公安に見捨てられた過去があります。

ノコルもノゴーンベキと同じく任務中に公安に見捨てられたから、テントになった可能性があります。

テントのメンバーは、「何があってもノコルに犯罪歴をつけさせるな」と命令しています。

もし犯罪歴がついてしまえば、生存していることがバレてしまいますよね。

ノコルが生存していることがバレてはいけない大きな理由があるのでしょう。

 

VIVANTを全話見るならU-NEXT

まとめ

今回は、ノコル(二宮和成)が野崎の部下だったこと、公安からテントになったことについて考察しました。

野崎は飛行機の中で、乃木に元部下が任務中に亡くなった話をしました。

その亡くなった人物がノコル(二宮和成)ではないかという声が多くあります。

また、ノコルは元公安で任務中に見捨てられ、瀕死の時にテントに救われたことがきっかけでテントになったと考察しました。

衝撃の急展開や登場人物の言葉、行動の意味など考察することがたくさんあるので、毎回楽しませてくれますね!

今後の展開でどのような真実が明かされていくのかとても楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
yamaguchiをフォローする
AWESOME!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました