熱海海上花火大会2023穴場や見える場所!屋台と混雑状況についても!

イベント
スポンサーリンク

1952年(昭和27年)から始まり、1年を通して10数回行われる熱海海上花火大会。夜空に映る花火や水面に映る花火がとても魅力的です。

また、フィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」は息をのむ美しさです。

今回は、熱海海上花火大会2023の穴場や見える場所、屋台、混雑状況についてまとめていきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

熱海海上花火大会2023開催概要

熱海海上花火大会は、1年を通して10回以上開催されます。

開催日時、打ち上げ場所、有料観覧席についてまとめていきます。

開催日時

熱海海上花火大会2023の開催日時は、以下の通りです。

〇開催日時

春:4/15(土)・5/13(土)

夏:7/28(金)・8/5(土)・8/8(火)・8/18(金)・8/22(火)・8/25  (金)

秋:9/18(月祝)・10/14(土)

冬:12/3(日)

〇時間
20:20~20:40(7月、8月のみ20:20~20:45)

打ち上げ場所

次に打ち上げ場所です。

打ち上げは、熱海湾から行われます。

熱海湾は、山に囲まれているため音が反響しやすく、まるで大きなスタジアムのような音響効果があるんだとか。

音響効果によって、さらに花火の迫力が増しますね。

有料観覧席について

熱海海上花火大会を良い席から見たいと思う方もいらっしゃると思います。

しかし、2023年は有料観覧席は設置しないとのことです。

以下に、熱海海上花火大会のHPを貼っておきますので確認してください。
熱海海上花火大会 公式

熱海海上花火大会2023穴場や見える場所!

今年は有料観覧席は設置しないとのことでしたが、それ以外にも花火がよく見える穴場スポットをご紹介しますので参考にしてください。

・サンレモ公園
・サンレモカフェ
・熱海城
・ジョナサン熱海サンビーチ
・熱海サンビーチ
・MOA美術館の駐車場

サンレモ公園

サンレモ公園は、ヤシの木が配されており、水辺の景色も楽しめます。
また、遊具も備えているのでお子様連れにはオススメの場所です。

サンレモカフェ

サンレモカフェでは、ビールやコーヒーを飲みながらまったりと花火をみることができます。

 

熱海城

熱海城は、資料館、ゲームセンター、レストランがあります。花火までの間、設置されている施設で遊んだりできるので、お子様連れにはオススメです。

ジョナサン熱海サンビーチ

ジョナサン熱海サンビーチは、7:00~0:00まで営業しており、食事をしながら花火を楽しめます。

駐車場も2時間までは無料です。

熱海サンビーチ

熱海サンビーチは、熱海駅から徒歩3分のところにあります。ヤシの木やリゾートホテルが立ち並び、夏の花火の人気スポットです。

MOA美術館の駐車場

MOA美術館の駐車場は、熱海の海と街並みが見渡せる美術館です。高台にあるので、花火もよく見ることができます。

多くの東洋美術作品が展示されており、花火の前に作品を見て回るのも良いでしょう。

熱海海上花火大会2023屋台出店情報

花火大会に欠かせないのは、屋台ですよね。

熱海海上花火大会の屋台は、周辺にホテルやレストランがあるため、例年約30店ほど出店されます。

熱海ということで、海鮮ものが多いそうですよ。

それでは、屋台の場所や種類についてまとめていきます。

屋台出店場所

屋台の場所は例年、親水公園熱海サンビーチ~熱海駅に屋台が並びます。

親水公園周辺が一番屋台が多いそうです。

屋台の種類

次に、気になる屋台の種類についてまとめていきます。

以下に屋台の種類を挙げていきます。

・やきそば
・たこ焼き
・チョコバナナ
・じゃがバター
・カステラ
・いか焼き
・サザエ、つぶ貝の串焼き
やきそば、たこやき、カステラなどの定番なものから、熱海ならではの海鮮ものも多くあります。
屋台で買ったものを食べながら花火をみるのも良いですね。

熱海海上花火大会2023混雑状況について!

熱海海上花火大会の混雑状況やアクセス、駐車場について調べてたのでまとめていきます。

混雑予想と交通規制

熱海海上花火大会は、例年20万人以上来場されるので、花火大会会場周辺はかなり混雑することが予想されます。

特に7月、8月は来場者が多く混雑するそうです。

また、夏季花火大会では交通規制が敷かれますので注意してください。

〇規制場所と規制時間

サンレモ公園周辺 17:00~22:00 (車両通行禁止)

渚町中通り、市道東海岸通り線 20:10~21:00 (歩行者専用道路)

公共交通機関によるアクセス

JR熱海駅から花火大会会場まで1本道なので、比較的簡単に行けます。

・JR熱海駅から徒歩約20分 (1・1㎞)
・タクシー 約5分

7月、8月は来場者が多いため、時間に余裕を持っていかれると良いでしょう。

駐車場について

駐車場についてまとめていきます。

・タイムズ熱海市営東
台数:260台
料金:30分110円、最大料金 1760円

 

・タイムズ熱海市営第1親水公園
台数:48台
料金:30分 110円、最大料金1760円

・タイムズ熱海市営第2親水公園
台数:55台
料金:30分 110円、最大料金1760円

・タイムズ熱海市営中央町
台数:91台
料金:30分 110円、最大料金1760円

まとめ

今回は、熱海海上花火大会2023の穴場や屋台、混雑状況についてご紹介しました。

内容をまとめると

〇開催日時
春:4/15(土)・5/13(土)
夏:7/28(金)・8/5(土)・8/8(火)・8/18(金)・8/22(火)・8/25  
(金)
秋:9/18(月祝)・10/14(土)
冬:12/3(日)

〇時間
20:20~20:40(7月、8月のみ20:20~20:45)

〇打ち上げ場所:熱海湾

〇2023年は有料観覧席はなし。

〇穴場スポットについて

〇屋台は親水公園周辺が多い

〇屋台はやきそば、たこやきなどの定番もの以外に海鮮ものが多い

〇7月、8月は交通規制が敷かれる

〇JR熱海駅から徒歩約20分、タクシーで約5分

〇駐車場について

熱海海上花火大会は、夜空に映る花火、水面に映る花火がとても美しく魅力的です。なかでも、「大空中ナイアガラ」は圧巻です。

また周辺には、熱海湾を展望できるレストランやカフェなども多いので、花火大会と共にぜひ楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
yamaguchiをフォローする
AWESOME!

コメント

タイトルとURLをコピーしました