兼近大樹と渡辺優樹の関係がヤバい!過去の事件で仲間だった?

人物
スポンサーリンク

 

日本各地で起きている連続強盗事件の指示役とされるルフィこと渡辺優樹容疑者を調べたところ、過去の窃盗事件で兼近大樹さんとの接点が浮かび上がってきました。

過去の窃盗事件で、兼近大樹さんは渡辺容疑者にはめられたのですが、まさかこんな形で繋がるとはご本人も思っていなかったのではないでしょうか。

この記事では「兼近大樹と渡辺優樹の関係がヤバい!過去の事件で仲間だった?」と題してお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

兼近大樹

兼近大樹のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

EXIT 兼近大樹(@kanechikadaiki)がシェアした投稿

 

まずは兼親大樹さんのプロフィールからご紹介します

 

兼近大樹
生年月日:1991年5月11日(31歳2023年1月現在)
出身地:北海道札幌市
血液型:O型
身長:172㎝
体重:60kg
所属:吉本興業・お笑い芸人
最終学歴:北海道札幌北高等学校・定時制中退

 

兼近さんは中学の時に親が離婚して兄は父親に、兼近さんと妹は母親の元で暮らしました。

野球が得意だった兼近さんは道具を買うこともままならず、母に野球を続けたいとも言えずやめてしまいます。

札幌北高校の定時制を中退したのは妹の学費を稼ぐためで、朝は新聞配達・昼は建設業のアルバイトを掛け持ちしていました。

 

兼近大樹の高校

 

兼近大樹さんの中退した高校は札幌北高等学校で、この学校出身の有名人は21人いました。

 

塩地美澄(アナウンサー) 北海道札幌北高等学校 → 小樽商科大学
巻山晃(アナウンサー) 北海道札幌北高等学校 → 明治大学
今沢カゲロウ(ベーシスト、作曲家) 北海道札幌北高等学校 → 早稲田大学人間科学部
佐々木由衣子(元アナウンサー) 北海道札幌北高等学校 → 筑波大学
佐藤のりゆき(アナウンサー) 北海道札幌北高等学校 → 北海学園大学法学部
斎藤綾乃(アナウンサー) 北海道札幌北高等学校 → 北海道大学
坂田おさむ(シンガーソングライター) 北海道札幌北高等学校 → 明治大学政治経済学部

 

【札幌北高等学校】

 

兼近大樹と渡辺優樹の関係がヤバい!過去の事件で仲間だった?

兼近大樹は渡辺優樹に雇われていた

 

自叙伝によると、1度目の逮捕時に検察庁の待機室で渡辺容疑者と出会ったようです。

後日、渡辺容疑者が経営するサパークラブで店長を務め、窃盗事件ではめられてしまったのです。

そのサパークラブが入っていたビルは「ライオンビル太陽館」でした。

 

【ライオンビル太陽館】

 

 

兼近大樹と渡辺優樹の関係がヤバい!

 

 

まず結論から申し上げると、兼親大樹さんと渡辺容疑者は2012年の窃盗事件に関わっていました。

 

日本各地で起きている連続強盗事件の指示役とされるルフィこと渡辺優樹容疑者を調べたところ、過去の強盗事件から兼近大樹さんとの接点が浮かび上がってきました。

兼近大樹さんは過去に逮捕歴が2度あることを報道され、事実と認めています。

ですからここでまた過去の事件が蒸し返されるのは気の毒な気もしますが、一生この事実は消えないので向き合っていくしかないですね。

 

 

  • 2011年:女子高生に◯春の斡旋
  • 2012年:札幌市内で1千万円の窃盗事件に関与(不起訴)

 

兼近大樹と渡辺優樹は過去の事件で仲間だった?

 

兼近大樹さんは渡辺優樹容疑者に共犯者にされはめられたのです。

 

 

↑上記ツイートは2012年におきた窃盗事件の新聞記事です。

その中に「不動産業・渡辺優樹容疑者(28)」と「飲食店従業員・兼近大樹容疑者(21)」と記載されています。

 

 

当時の新聞ではホストクラブ従業員男性の自宅に侵入し、現金1千万円入りの耐火金庫などを盗んだ疑いで不動産業・渡辺優樹容疑者と飲食店従業員・兼近大樹容疑者が逮捕されたとあります。

兼親大樹さんは渡辺容疑者に騙されて鍵を開け、共犯者にされ、はめられたのです。

兼近大樹さんは不起訴となっています。

完全なる濡れ衣ということです。

この事件については2019年に文春が報じていて、兼近さんも事実と認めています。

 

↓こちらは今回の件で兼近さんが出したコメントです

 

兼近大樹はどのようにはめられた?

 

兼近大樹さんの自叙伝小説「むき出し」でこの窃盗事件について描かれたと思われる箇所がありました。

 

 売春の斡旋容疑で逮捕された主人公は、検察庁の待機室で「手首の袖から和彫りをチラ見せしている男」と運命的な出会いを果たす。この男と意気投合した主人公は、すすめられるがままに、バーの経営を始めた。そしてある日、男からこんな依頼を受ける。
「女が攫われたっぽいから確認のために、知り合いの家の鍵を開けてきてくれ」
店をもたせてくれた“ボス”の指示どおり業者を呼んで解錠し、無人であることを確認した主人公。だがその数日後、自宅に警察がやってきて、自分が解錠に立ち会った家で、直後に窃盗があったことを知らされる。「ハメられた」と知った主人公は、札幌を捨て、芸人を目指し上京するのだった――。
兼近が自伝的小説の中で描いた主人公の姿は、“闇バイト”のために集められた素人たちが強盗に手を染める、今回の事件を彷彿とさせる。もちろん、兼近は自ら2度の逮捕歴を明かしたうえで、過去の所業を反省し、立派に更生している。まさか、“ルフィ”と接点があったとは兼近も驚いているだろう。
引用:FLASH

 

↓兼近大樹さんの自叙伝「むき出し」はこちらから購入できます


 

渡辺優樹の若い頃と現在

 

こちらはTwitterに上がっていた渡辺容疑者の卒アルの画像です。

渡辺容疑者は6代目山口組の三次団体に所属していた暴力団関係者だという報道が出ています。

 

 

兼近大樹・今回の事件とは無関係

 

 

2012年の窃盗事件で渡辺容疑者に共犯者に仕立て上げられた兼近さんですが、不起訴となり、その後更生し、現在はお笑い芸人として大活躍しています。

賛否両論あるとは思いますが、兼近さんの罪は貧困や無知による影響が大きかったと感じます。

昨年の24時間テレビではチャリティマラソンに挑戦し、始終笑顔を絶やさず、愚痴もこぼさず、スタッフや沿道で観戦している一般人にも気を遣いながら完走されました。

その姿に感動した人は多かったと思います。

兼近さんには一生過去の罪がついてまわりますが、更生した姿をこれからもテレビを通して発信し続けて、罪を犯した人の希望になってほしいですね。

 

まとめ

 

兼近大樹さんと渡辺容疑者は共犯者や仲間ではありません。

兼近さんは渡辺容疑者にはめられたのです。

今回日本各地で起きた強盗事件とは全く関係ありません。

兼近さんにはこれからも、更生した姿を発信し続けてほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
smile21をフォローする
AWESOME!

コメント

タイトルとURLをコピーしました