福岡国際マラソンの事故の選手は誰?右ひじ骨折でも完走!

アフィリエイト広告を利用しています
スポーツ
スポンサーリンク

 

2023年12月3日に開催された福岡国際マラソンで大会関係車両である「監察車」が男性選手に接触する事故が発生しました。

福岡国際マラソンで事故に巻き込まれた選手は誰なのか?

また右ひじを骨折で重症なのですが完走したとのことでどれくらいの怪我だったのかについても調べてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

福岡国際マラソンの事故の詳細について

福岡国際マラソンで起きた事故はなんと監察車が「折り返していた」ことが原因でした。

監察車には同乗者がいないのでしょうか?

監察車なのだから運転手が1人ということはなさそうですが。

折り返す時は最善の注意を払って安全確認をしながら行なってほしいものですね。

 

3日、福岡市で開催された福岡国際マラソンで、折り返し地点となっていた福岡市東区千早の国道で午後2時ごろ、折り返していた一般参加の男性選手と違反がないかなどを確認する監察車が接触しました。
大会事務局によりますと、事故当時、監察車はランナーの折り返し地点付近で折り返していたということです。
引用:日テレNEWS

事故の場所は折り返し32キロ地点でした。

 

福岡国際マラソンの事故の選手は誰?

福岡国際マラソンで事故に遭ってしまった選手は一般参加の男性選手ということです。

名前については現時点では公表されていません。

公式な発表があればこちらに掲載します。

 

福岡国際マラソン 右ひじ骨折でも完走!

事故に遭われた選手は接触後に倒れ込みながらも再び走り始めたということです!

医師による診断は

右肘開放骨折(全治3ヶ月)
ということで、かなりの重症だということがわかりますね。
監察車に接触した際、倒れ込んだものの完走されたということです。
開放骨折を調べたところ、以下のように書かれていました。

開放骨折とは、骨折した際に皮膚が破れて、骨が外に露出する状態です。雑菌による感染症を引き起こすリスクが懸念されるため、速やかな治療が求められます。

骨が出てしまうとは大変な怪我ですよね。
このような状況で完走したとは、すごいとしか言いようがないです!
その距離は10キロとの情報もあります。
感染症を引き起こすリスクがあるのにそのまま続行させる判断についてはどうなのでしょうか?

「本日(12月3日)開催されました大会において、折り返し(32キロ手前)地点で、競技者と大会車両が接触する事故が発生しました。
競技者は、接触後倒れこみましたが、再び走りはじめ、完走されております。なお、大会終了後、医師の診察を受け、病院に搬送し、右肘開放骨折(全治3ヶ月)との診断を受けております」
引用:dmenuニュース

 

世間の反応

まとめ

2023年12月3日に開催された福岡国際マラソンで大会関係車両である「監察車」が男性選手に接触する事故が発生しました。

福岡国際マラソンで事故に巻き込まれた選手の名前については公表されておらず、現時点でわかっているのは一般参加の男性選手ということだけです。

右肘開放骨折(全治3ヶ月)
という重症を負いながらも完走したということで、感染症を引き起こすリスクがあるのにそのまま続行させる判断については疑問が残ります。
最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
smile21をフォローする
AWESOME!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました