森村誠一の息子や家族構成は?学歴や経歴プロフィールについても!

アフィリエイト広告を利用しています
人物
スポンサーリンク

 

ベストセラー作家の森村誠一さん(享年90)が2023年7月24日に逝去されました。

森村誠一さんの作品はテレビドラマや映画で見た方も多いと思いますが、その私生活は謎が多いですよね。

森村誠一さんの息子さんやご家族についてと、学歴経歴プロフィールをお伝えします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

森村誠一の息子や家族構成は?

森村誠一に息子はいる?

結論から申し上げると森村誠一さんに息子さんがいるか、情報がありませんでした。

森村誠一さんのサジェストに「息子」が出てくるので、息子さんがいるのか検索している方が多いのだと思うのですが息子さんがいるという確たる証拠はありませんでした。

 

森村誠一の家族構成

 

森村誠一さんの家族構成ですが、先述した通り息子さんがいるのかどうか情報がありませんでしたが結婚して奥様はいらっしゃいます。

奥様のお名前は森村千鶴子さん

文春オンラインに『森村誠一「うつ病を乗り越えた夫婦の証明」』という森村千鶴子さんのインタビュー記事が掲載されていました。

森村誠一さんのご家族の情報は奥様の森村千鶴子さんしかありませんでした。

 

森村誠一の学歴や経歴プロフィールについても!

森村誠一は青山学院大学卒

森村誠一さんは埼玉県熊谷市生まれで、高校は熊谷商業高校卒業されています。

高校卒業後は伯父の紹介で都内の自動車部品会社に勤めたものの青山学院大学文学部英米文学科に進学します。

在学中はハイキング部に所属し山歩きに熱中したそうです。

大学は1年留年し25歳で卒業しました。

 

 

森村誠一の経歴

森村誠一さんは青山学院大学を卒業後就職難で希望したマスコミ業界には就職できず、妻が現リーガロイヤルホテルの重役の姪だったこともあり同ホテルに就職しています。

その後ホテルニューオータニに転職し、9年間ホテルに勤務しています。

森村誠一さんの小説にはホテルを舞台にした本格ミステリーが多数あるのもホテル勤務の経験が活かされていたのですね。

  • 1958年 青山学院大学を卒業
  • 新大阪ホテル(現リーガロイヤルホテル)に就職
  • ホテルニューオータニへ転職
  • 1965年 32歳で雪代敬太郎というペンネームで作家デビューする
  • 1966年 ビジネススクール講師に転職しながら執筆を続ける
  • 1969年 ホテルを舞台にした「高層の死角」が第15回江戸川乱歩賞を受賞
  • 1970年 「新幹線殺人事件」が60万部のヒット
  • 1973年 「腐蝕の構造」で第26回日本推理作家協会賞を受賞
  • 1974年 「空洞の怨恨」で第10回小説現代ゴールデン読者賞受賞
  • 1976年 「人間の証明」で第3回角川小説賞受賞
  • 2008年 「小説道場」で第10回加藤郁乎賞受賞
  • 2011年 「悪道」で第45回吉川英治文学賞受賞

 

森村誠一のプロフィール

 

森村誠一さんのプロフィールはこちら

森村誠一
生年月日:1933年1月2日(90歳没)
出身地:東京都
職業:推理作家・時代小説作家・ノンフィクション作家

 

まとめ

森村誠一さんがホテル勤務やビジネススクール講師などの経験があることはとても意外でした。

森村誠一さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
smile21をフォローする
AWESOME!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました