Twitter以外のSNSアプリ3選!移住先はMastodon・Misskey・ Telegram!

アフィリエイト広告を利用しています
未分類
スポンサーリンク

 

最近Twitterの不具合が多いですね。

イーロン・マスク氏は2023年7月1日にTwitterの利用者が投稿を閲覧できる回数について一時的に制限していること投稿しています。

認証済みのアカウントで1日あたり6000件、認証されていないアカウントで600件、作成されたばかりのアカウントは300件までと制限されたことで、

  • Twitter以外の移住先を探している
  • Twitter以外のアプリはどれが良い?

とリアルタイム検索されています。

Twitterはとても便利ですが最近の不具合を考えると早めに移住先を探しておいた方が良さそうですね。

この記事ではTwitter以外のSNSアプリ3選をご紹介します!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitter以外のSNSアプリ3選!

Twitter以外でユーザーが多く似たサービスがあり、Twitterの移住先として考えられるアプリを3つご紹介します。

  1. Mastodon
  2. Misskey
  3. Telegram

上記3つのSNSアプリについてどんな特徴があるのか見ていきましょう。

 

Twitter以外の移住先はMastodon・Misskey・ Telegram

Mastodon

Mastodon(マストドン)はTwitterに代わる「分散型ソーシャルメディア」として登場しました。

Twitterとの違いは以下の通り

  • 1つの投稿の文字数が500文字と長い
  • 投稿のことをToot(トゥート)、リツイートをBoost(ブースト)と言う
  • サーバーがたくさんあってそれぞれが独立運営されている
  • カスタム絵文字可
  • 広告がない

画像や動画を投稿したり他のユーザーをフォローしたりフォローされたり、お気に入りの登録等の機能はTwitterとほぼ同じです。

 

Mastodonのダウンロードはこちらから

 

Misskey

 

MisskeyもTwitterからの移住先に選ぶ人が多いSNSです。

 

なんと!今朝から4万人の新規登録者が増えているということでメールサーバーの上限を超え、メール配信が正常にできない状態となっているようです。

Twitterからの移住者が既に4万人を超えているということでしょうか。

 

 

Misskeyを始めるならこちらから

 

 

Telegram

 

TelegramはどちらかというとLINEに近いメッセージサービスを中心としたアプリです。

全世界で10億人以上のユーザーがいて、最大20万人のグループを作ることができます。

Telegramの最大の特徴は

  • 秘匿性の高いメッセージアプリ
  • シークレットチャットは運営側も確認できない
  • 最大20万人のスーパーグループでTwitterのような運営もできる
  • LINEのように目lるせーじや通話をすることができる
  • 無料で利用でき、広告が表示されない
  • 一定時間で自動的にメッセージを削除することができる
  • Androidではスクショができない
  • iPhoneではスクショはできるが、スクショしたことを相手に通知される

Telegramアプリのダウンロードはこちらから

 

まとめ

Twitter以外でユーザーが多く似たサービスがあり、Twitterの移住先として考えられるアプリを3つご紹介しました。

Twitterの状況を見つつ併用を始めて移住すると良いかもしれません。

  1. Mastodon
  2. Misskey
  3. Telegram

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
smile21をフォローする
AWESOME!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました