福原愛なぜ?長男だけ連れ去った理由は6つ!親権はどうなる?

アフィリエイト広告を利用しています
人物
スポンサーリンク

 

元プロ卓球選手の福原愛さんが、長男だけを日本に連れ帰ったことに対して、元夫の江宏傑(ジャン・ホンジェ)さんが緊急会見を開きました。

緊急会見では、福原愛さんが長男を日本に連れ帰り、その後連絡が途絶えたとのこと。

そして、元夫の江宏傑(ジャン・ホンジェ)さんは現在、長男に会えない状況が続いています。

福原愛さんには、長男の他に、娘さんもいます。

ではなぜ、福原愛さんは長男だけを連れ帰ったのでしょうか?

今回は、福原愛さんが長男だけを連れ去った理由、親権はどうなるのかについて調査していきます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

福原愛なぜ?長男だけ連れ去った理由は6つ!

江宏傑のモラハラ

福原愛さんが長男だけを連れ去った理由は6つあります。

その1つ目が、江宏傑さんのモラハラです。

福原愛さんと江宏傑さんは2021年7月に離婚しています。

離婚理由は、江宏傑のモラハラが原因だと言われています。

福原愛さんが妊娠中でつわりがひどく吐いたりすると、「栄養がいかない!」と言われたり、歯医者での治療後に口の開け方が気に入らなかったのか「この売女!」とののしられたりしたそうです。

これらのことが事実でれば、子供たちもモラハラを受けているかもしれないと考えた可能性があります。

 

共同親権なのに子供は台湾在住の不満

2つ目の理由は、共同親権なのに子供たちは台湾に住んでいることへの不満です。

共同親権で離婚が成立しましたが、子供たちはずっと台湾で生活しています。

そのために、日本いる福原愛さんは子供たちとなかなか会うことができません。

2人とも台湾にいることに不満を募らせて、長男だけを連れ去ったと考えられます。

 

共同親権なのに江宏傑がなかなか面会させてくれなかった

3つ目の理由は、江宏傑さんがなかなか面会させてくれなかったことです。

2021年7月に離婚が成立し、江宏傑と子供たちは台湾で生活します。

福原愛さんは子供たちと会おうとしますが、江宏傑さんの妨害のためになかなか会うことができなかったそうです。

2022年7月に、ようやく子供たちと会うことができた福原愛さん。

夏休みの期間中は、子供たちを日本へ連れて帰ることを約束していましたが、引き渡しの際に、江宏傑さんが「子供を2人とも日本に連れ帰るのはダメ」と拒んだそうです。

 

「もともと7月上旬に日本へ連れて来る予定だったそうですが、約束がうまくいかず……。困り果てた福原さんは裁判所に相談し、23日にやっと面会が実現したんです」

「弁護士と警察官立ち会いのもとで行われたそうです。しかし、引き渡しの瞬間、江さんは、『子供を2人とも連れ帰るのはダメ』と拒んだそうです。長女と長男とともに日本に帰れると思っていた福原さんはパニックになった。1時間以上話し合いましたが、江さんの態度は頑なで、『このままだと、どちらか1人さえ連れ帰ることができなくなる』と感じた彼女は、泣く泣く長男1人を連れ帰ったのです。

引用:NEWSポストセブン

 

福原愛さんと江宏傑さんは、話し合いますが江宏傑さんの頑なな態度は変わらず、長男だけを連れ帰り、現在まで至るそうです。

 

やっと会えた面会に息子しか連れてこなかった

4つ目の理由は、江宏傑さんが面会の時に、長男しかつれてこなかったことです。

2022年7月にようやく子供たちと面会することができましたが、江宏傑さんは長男しか連れてこなかったそうです。

福原愛さんは、長女と長男を連れて帰りたかったそうですが、長女がいないため、長男だけを連れ帰りました。

 

長男の年齢

5つ目の理由は、長男の年齢です。

面会できたときの長男はまだ3歳でした。

3歳といえば、状況を理解できる年齢ではありません。

また、母親が必要なときでもあるため、それらのことを考慮して連れ帰った可能性もあります。

 

お互いの主張が真っ向対立!

6つ目の理由が、お互いの主張が対立していることです。

2023年7月現在も福原愛さんは長男と一緒に日本で暮らしています。

長男を日本へ連れ帰ってから、1年が経過し、江宏傑さんは緊急会見を開きました。

しかし、福原愛さんと江宏傑さんの主張は対立したままです。

お互いが自分たちのことしか考えていないため、妥協点がみつからない状態が続いています。

 

福原愛の子供の親権はどうなる?

子供の国籍は二重国籍

子供の国籍は台湾と日本のどちらになるのでしょうか?

現在のところ子供の国籍は、台湾と日本の二重国籍になります。

 

 日本の法律では「出生の時に父または母が日本国民であるときはその子は日本国民とする」(国籍法第2条第1項)と定められているので、子供は日本籍の取得ができます。

他方、台湾の法律も「出生の時に父又は母が中華民国国民であったものは中華民国国籍を有する」(中華民国国籍法第2条第一項)と定めています。

そのため、日本人と台湾人の夫婦の間に生まれた子供は、日本籍及び台湾籍の両方を取得することができます。

引用:日本台湾交流協会

 

しかし、日本では22歳以降は重国籍になることは認められていないため、いずれは日本と台湾のいずれかの国籍を選択しないといけません。

 

居住地から親権は江宏傑になる?

今後、子供たちの親権はどちらになるのでしょうか?

居住地の問題から親権は江宏傑さんになる可能性が高いと考えられます。

結婚後は、台湾で生活していたため、子供たちが住み慣れた場所で育てていくと考えられます。

よった、親権は江宏傑さんになる可能性が高いと思われます。

 

まとめ

今回は、福原愛さんが長男だけを連れ去った理由、親権はどうなるのかについて調査しました。

現在、福原愛さんは長男と共に日本で生活しており、長女は台湾で江宏傑さんと一緒に暮らしています。

子供たちがお互い会えない状況が続いていることを思うと、本当に不憫でなりません。

一日でも早く、お互いにとって良い形で解決することを祈ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
yamaguchiをフォローする
AWESOME!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました