BiTE A SHOCK歌が下手?オーディションは出来レースと言われる理由についても!

アフィリエイト広告を利用しています
人物
スポンサーリンク

 

第2の「BiSH」をつくるオーディション番組「BiSH THE NEXT」から誕生した「BiTE A SHOCK(バイト ア ショック)」。

2023年7月1日に放送された「THE MUSIC DAY」にて新曲「Patient!!」を披露しました。

BiTE A SHOCKが生まれたオーディション番組は、BiSHが私財を投じて行った企画です。

BiSHが直接指導も行ったようです。

そんな期待が大きかったBiTE A SHOCKですが、初お披露目はどうだったのか調べました。

この記事の内容はこちらです。

BiTE A SHOCK歌が下手?
BiTE A SHOCKオーディションは出来レースと言われる理由について!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BiTE A SHOCK歌が下手?

最終オーディションから約3時間後に生放送出演!

オーディション番組「BiSH THE NEXT」は約3ヶ月に渡った企画でした。

その最終オーディションが行われたのが、2023年7月1日です。

投票で選ばれたのは、「RYUUSEi」「HANANO」「SAORi」「RiNA」「HARUTO」「MAHiTO」の6人でした。

このときに男女混成のBiTE A SHOCKが生まれました。

THE MUSIC DAY 2023への出演が決まっており、メンバーはそのままイベント会場へ向かうことになったのです。

THE MUSIC DAYで披露された「Patient!!」はオーディションの課題曲でしたが、最終オーディションから初披露まで約3時間という異例のことでした。

 

初披露はTHE MUSIC DAY

BiTE A SHOCKが初披露されたのは、「THE MUSIC DAY 2023 あなたを変えた音」でした。

THE MUSIC DAYは、2023年7月1日の15時から22時54分まで生放送され、なんと60組以上のアーティストが出演しました。

そのなかの1組がBiTE A SHOCKでした。

BiTE A SHOCKは、17時台に放送されました。

会場ではBiSHも初披露を見守りました。

 

BiTE A SHOCK歌が下手?

そんな大きな期待を背負って生放送に出演したBiTE A SHOCKでしたが、視聴者からはその歌唱力に疑問の声が出たのです。

BiTE A SHOCKのこのパフォーマンスに、ネット上では「下手」「文化祭レベル」といった非常に厳しい意見がたくさん出ました。

しかし、一方では「最終オーディションから3時間では仕方がないのではないか。時間がなさすぎ」「緊張していたのだろう」という意見も同じくらいに多く見られました。

最後にMAHiTOさんがコメントされていましたけれど、とても緊張されているようでしたね。

一生懸命に話そうとしているMAHiTOさんをRiNAさんが励ますようなしぐさがほほえましかったです。

 

BiTE A SHOCKオーディションは出来レースと言われる理由についても!

BiTE A SHOCKは出来レースと言われる理由について!

BiTE A SHOCKのデビューに関しては、もう1つの噂があります。

それは、オーディションが出来レースだったのではないかということです。

その理由としては、いくつか挙げられています。

 

・視聴者投票が反映されなかった

最終オーディションは、BiSH票と視聴者票、そして渡辺淳之介票で決定されることになっていました。

投票結果は実際はこうなりました。

BiSH票と渡辺淳之介票が完全に一致していたのです。

視聴者票が本当に必要だったのか、本当に反映されていたのかに疑問を感じる声が上がりました。

 

・衣装が用意されていた

最終オーディションでメンバーが決定してから、テレビでの生出演まで3時間ほどでした。

その短い時間で衣装が用意できるものなのでしょうか。

しかし、1番のポイントは靴だと思います。

生放送のなかで、BiTE A SHOCKはダンスも披露されていますが、このように踊って動き回るには自身の足に完全にフィットした靴が必要です。

サイズが合っていたとしても、足に靴がなじむには少し時間がかかります。

そんな靴を果たして3時間で用意できるでしょうか。

そう考えると、出来レースなのではないかという疑いが出るのも納得できますね。

しかし、もう1つの可能性があります。

靴だけは自前であるということです。

ダンスをされる方でしたら自分の靴を持っているのが通常のことです。

初ステージということですから、出来レースかどうかは置いておいても、靴が自前である可能性は高いのではないでしょうか。

 

・カメラワークを理解していた

パフォーマンスの見せ方が素晴らしかったですよね。

これほどのことが、3時間でできるのでしょうか、という疑問から出来レース疑惑が出てきたようです。

カメラワークに関しては、BiTE A SHOCKだけでなく、カメラマンさんの技術と協力が必要になってきます。

3時間であっても、BiTE A SHOCKとカメラマンさんが協力すれば作り上げることができたのかもしれませんね。

 

世間の反応

・出来レース?

出来レースではないか、という意見の人たちは、BiTE A SHOCKに対して批判的なのではなく、そのような形にした企画運営側に対して批判的に見ているようですね。

 

・出来レースなんて言わないでほしい

出来レースかどうかなんてデビューしたBiTE A SHOCKには言わないでほしいという意見です。

せっかく努力を重ねてデビューができたのに、このようなことを言われたらBiTE A SHOCKは悲しいですものね。

 

まとめ

第2のBiSHを作る企画から生まれたBiTE A SHOCKのデビューについて調べました。

世間ではいろいろなことが言われていますが、応援したいという声やこれからに期待という声が多いのは事実です。

BiSHもはじめはあまり人気がないところからのスタートでした。

BiTE A SHOCKもこれからどんどんと成長していってくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
pinako02をフォローする
AWESOME!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました