小渕優子の旦那は婿養子で親族が超豪華!ドリル優子とは?

アフィリエイト広告を利用しています
人物
スポンサーリンク

 

2023年9月13日に内閣改造、党役員人事が発表されましたね。

世間から注目されたのは、女性が多く登用されたことでしょうか。

なかでも、小渕優子議員の涙をにじませた会見は何度もメディアで放送されましたし、「ドリル優子」はX(旧Twitter)でもトレンド入りしました。

小渕優子議員にいったい何があったのか、ドリル優子とはいったい何なのか調査しました。

小渕優子の旦那は婿養子
小渕優子の親族が超豪華
ドリル優子とは
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小渕優子の旦那は婿養子

小渕優子の旦那は瀬戸口克陽

小渕優子議員の旦那さんは、TBSテレビ編成局長の瀬戸口克陽(せとぐちかつあき)さんです。

(引用:スポニチ)

瀬戸口克陽さんは、婿養子に入られているので結婚後は小渕姓となっておられます。

瀬戸口克陽さんは、TBSに入社後は情報番組のスタッフを経てドラマ制作に関わっておられます。

「花より男子」シリーズや「砂の器」のプロデュースを手掛けられている有名な方です。

 

TBSに同期入社

小渕優子議員と瀬戸口克陽さんは、1996年にTBSに同期入社されています。

瀬戸口克陽さんは情報番組のスタッフを、小渕優子議員は「はなまるマーケット」などに関わっておられました。

小渕優子さんは、1998年にTBSを退社して、お父様の私設秘書をされています。

瀬戸口克陽さんと結婚されたのは2004年12月7日でした。

 

小渕優子の子供は2人

小渕優子議員のお子さんは男の子が2人いると言われています。

・第一子:2007年9月25日生まれ(2023年時点で高校1年生)
・第二子:2009年9月30日生まれ(2023年時点で中学2年生)

お2人とももう大きいんですね。

一般の方なので、顔画像や在籍している学校などは不明です。

 

小渕優子の親族が超豪華!

小渕優子の父親は元内閣総理大臣 小渕恵三

小渕優子議員のお父様が元内閣総理大臣の小渕恵三さんということは多くの方が認識されていることでしょう。

小渕恵三さんが第84代内閣総理大臣を務められたのは、1998年7月30日から2000年4月5日でした。

敵を作らない人柄から「人柄の小渕」と呼ばれることもあったそうです。

2000年4月2日に脳梗塞を発症されました。

小渕首相の昏睡状態が続く中、4月5日に青木首相臨時代理が内閣総辞職を決定されることとなりました。

小渕恵三さんは、2000年5月14日に62歳でお亡くなりになっています。

 

2019年、元号が「令和」に変わるときに小渕恵三さんは再び話題になりましたよね。

元号が「平成」となることを発表したのが、当時、官房長官だった小渕恵三さんだったからです。

「平成おじさん」と親しみを込めて呼ばれていました。

ちなみに「令和」を発表したのは、菅儀偉官房長官でしたが「令和おじさん」と呼ばれています。

 

小渕優子の祖父は元衆議院議員 小渕光平

小渕優子議員の祖父で小渕恵三氏の父親は、小渕光平(おぶちみつへい)さんです。

小渕光平さんは、元衆議院議員でした。

群馬県の生まれで、ご実家は裕福ではなく、光平さんは尋常小学校を卒業後から働き始めました。

19歳で製糸場を創業し、その後は光山社小渕製糸場、光山倉庫、光山電気工業などといった光山社グループを築きました。

政治家としては、1942年の中之条町議会議員に当選したところから始まりました。

1947年の第23回衆議院議員総選挙には落選。

初当選は1949年の第24回衆院選でした。

1958年に脳梗塞のためにお亡くなりになっているのですが、次男である小渕恵三さんと同じ病、同じ病院でお亡くなりになっています。

 

小渕優子の叔父は元群馬県中之条町長 小渕光平

小渕優子さんの叔父、小渕恵三さんのお兄さんである小渕光平(おぶちみつへい)さんは、元群馬県中之条町長でした。

旧名は、「小渕庚午(おぶちこうご)」さんとおっしゃいます。

大学を卒業して、光山製糸に入社した際にお父さまのお名前である「光平」を襲名されました。

光山社グループをその手腕で大きくしてきた方です。

政治家としては、1996年に群馬県の中之条町長選で初当選したことが始まりでした。

2008年、病のためにお亡くなりになっています。

 

小渕優子の姉はデザイナー

小渕優子さんのお姉さんは、小渕暁子(おぶちあきこ)さんというお名前で、デザイナーをされています。

小渕優子議員の6歳上のお姉さんになります。

デザイナーですが、絵本も作っていらっしゃいます。

柔らかいタッチの温かい雰囲気の作品ですよね。

小渕優子さんには2歳上のお兄さんもいらっしゃるそうです。

小渕剛さんというお名前で、ANAに勤務されていたようですが、2023年現在の詳細は不明です。

 

小渕優子 ドリル優子とは?

ドリル優子がトレンド入り!どんな事件?

2023年9月の内閣改造と自民党役員人事。

自民党の党4役である選挙対策委員には小渕優子議員が就きました。

ところが、SNS上では厳しい意見が出てきました。

「ドリル優子を忘れない」といったもので、X(旧Twitter)では「ドリル優子」がトレンド入りしたのです。

「ドリル優子」とは何なのかご説明しますね。

小渕優子議員は、2014年9月の第二次安倍改造内閣で女性初の経済産業大臣に就任しました。

その直後に、週刊新潮によって政治資金疑惑が報道されたのです。

後援会の女性部会員を招いての観劇会での赤字を政治資金で補填したのではないか、そうであるならば有権者の買収にあたるのではないかというものでした。

また、下仁田ネギを60万円分も交際費から購入したり、親族のお店で高級下着や化粧品までも買っていたことが判明しました。

前述の小渕暁子さんのブティックで330万円を使っていたとも言われています。

政治資金規正法違反の容疑で元秘書の折田謙一郎宅や後援会事務所に家宅捜索が入りました。

ところが、会計書類を保存したと思われるハードディスクがドリル等で破壊されていたのです。

コンピュータにあるデータは消去しても復元できる可能性が残っています。

しかし、ハードディスクを物理的に破壊されては、復元も難しくなりますよね。

破壊を指示したのが誰だったのか、実行したのは誰だったのかは不明ですが、証拠隠滅としか思えない状況には不信が募りました。

このとき、結局は「嫌疑不十分」での「不起訴」となりました。

 

ファミリー企業に1,400万円支出!

そんなことがあったにも関わらず、2015年から7年間で1400万円以上をファミリー企業に支出していることが週刊文春によって報じられました。

小渕氏の政党支部「自由民主党群馬県第五選挙区支部」や、「小渕優子後援会」の収支報告書(2015年~2021年)によれば、「光山商事」にガソリン代など、「光山倉庫」に倉庫使用料代など、「光山電気工事」に事務用品代などの名目で、計1400万円以上支出していた。

(引用:文春オンライン)

 

「光山商事」「光山倉庫」「光山電気工事」とは、前述しましたが、小渕優子議員のおじいさまである小渕光平さんが立ち上げて、2代目小渕光平さんが大きくしてきた「光山社グループ」なんです。

 

ファミリー企業に支出があってはいけないわけではないと思うのですが、そこに誰もが納得できる理由があるならば、の話かと思われます。

今後、そのあたりを小渕優子議員が説明されるのかどうか注目ですね。

 

まとめ

2023年9月の内閣改造と自民党役員人事で選挙対策委員に就任された小渕優子議員について調査しました。

かつてのドリル事件と言われている件についても、ファミリー企業への支出についても、きちんと説明してほしいと思っている方は多いかと思います。

今後、小渕優子議員がどのようなお話をされるのか、また、どのような活動をされていくのか注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
pinako02をフォローする
AWESOME!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました