中祐司の経歴と学歴!現在はスクエニ退社の天才プログラマー逮捕!

アフィリエイト広告を利用しています
人物
スポンサーリンク

 

ゲームクリエイターの中祐司氏が2022年11月18日金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで逮捕されました。

中祐司さんは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」や「ファンタシースターオンライン」などを手掛けた有名クリエイターです。

この記事では「中祐司の経歴と学歴!現在はスクエニ退社の天才プログラマー逮捕!」と題してお伝えします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中祐司の経歴と学歴!

中祐司プロフィール

中 祐司(57歳)
生年月日:1965年9月17日
出身地:大阪府枚方市
職業:ゲームクリエイター・株式会社プロぺ代表取締役社長
妻子あり

 

中祐司の経歴

 

中祐司さんと言えば「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」や「ファンタシースターオンライン」の生みの親です。

 

  • 大阪府立西野田工業高等学校電気科を卒業
  • 1984年 セガ入社(当初はゲームプログラマのちにセガR&Dクリエイティブオフィサー役員となる)
  • 2006年 株式会社プロぺを設立代表取締役に就任
  • 2018年 スクウェア・エニックスに移籍バランワンダーワールドの開発に携わる
  • 2021年 スクウェア・エニックス退社

 

【セガ在籍時の作品】

こんなにたくさんのゲームに、プログラマー・プロデューサー・ディレクターとして携わっていました。

天才プログラマーと呼ばれていることに納得です。

  • ガールズガーデン 1985年
  • どきどきペンギンランド 1985年
  • グレートベースボール 1985年
  • F-16 ファイティングファルコン 1985年
  • スパイvsスパイ 1986年
  • 北斗の拳 1986年
  • アウトラン 1986年
  • スペースハリアー 1986年
  • アウトラン 1987年
  • ファンタシースター 1987年
  • スーパーサンダーブレード 1988年
  • ファンタシースターII 還らざる時の終わりに 1989年
  • 大魔界村 1989年
  • 時の継承者 ファンタシースターIII 1990年
  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ 1991年
  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 1992年
  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ3 1994年
  • ソニック&ナックルズ(1994年
  • NiGHTS 1996年
  • ソニック3Dブラスト 1996年
  • ソニック ジャム 1997年
  • ソニックR 1997年
  • バーニングレンジャー 1998年
  • ソニックアドベンチャー 1998年
  • チューチューロケット! 1999年
  • サンバDEアミーゴ 2000年
  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ ポケットアドベンチャー 2000年
  • サンバ DE アミーゴ Ver.2000 2000年
  • ファンタシースターオンライン 2000年
  • ファンタシースターオンライン Ver2 2001年
  • ソニックアドベンチャー2 2001年
  • みんなでぷよぷよ 2001年
  • ソニックアドバンス 2001年
  • ソニックアドベンチャー2バトル 2001年
  • ソニック メガコレクション 2002年
  • ソニック メガコレクション プラス 2004年
  • ソニックアドベンチャーDX 2003年
  • ソニックピンボールパーティー 2003年
  • ジャイアントエッグ~ビリー・ハッチャーの大冒険 2003年
  • ぷよぷよフィーバー 2003年
  • ファンタシースターオンライン エピソード1&2 プラス 2003年
  • ファンタシースターオンライン エピソード3 カードレボリューション 2003年
  • ソニックバトル 2003年
  • ソニック ヒーローズ 2003年
  • ASTRO BOY 鉄腕アトム 2004年
  • ソニックアドバンス3 2004年
  • セガスーパースターズ 2004年
  • きみのためなら死ねる 2004年
  • ソニック ジェムズ コレクション 2005年
  • 赤ちゃんはどこからくるの? 2005年
  • ソニック ラッシュ 2005年
  • ぷよぷよフィーバー2 2005年
  • シャドウ・ザ・ヘッジホッグ 2005年
  • ソニックライダーズ 2006年
  • ドラえもん のび太の恐竜2006 DS 2006年

 

中祐司の学歴

 

中祐司氏は大阪府立西野田工業高等学校・電気科を卒業しています。

みんなの高校情報によると大阪府立西野田工業高等学校の偏差値は39ということでしたが、AC系、デザイン系、機械系、電気系の4つにコース分けされているので高校卒業後に大学に進学するより就職したい方には良さそうな学校でした。

 

 

 

中祐司の現在はスクエニ退社の天才プログラマー逮捕!

スクエニ退社と逮捕理由

中祐司氏は2018年にスクエニに移籍し『バランワンダーワールド』の開発に携わっています。

ところが『バランワンダーワールド』の発売前にディレクターを解任され、2021年4月末にスクエニを退社していました。

スクエニ相手に訴訟を起こしていたと言われていますが、裁判の詳細については不明です。

 

今回の逮捕理由はインサイダー取引ということで、2020年に『ドラゴンクエストタクト』の情報を得た上で、公開前に開発会社の株式を取得していた疑いがもたれています。

 

このインサイダー取引の疑いがあったことで、『バランワンダーワールド』のディレクターを解任され、スクエニを退社することになった可能性もありますね。

天才プログラマーと呼ばれるほどの才能を持ちながらインサイダー取引とは残念です。

 

インサイダー取引事件に関しては、11月17日に東京地検特捜部が金融商品取引法違反容疑でスクウェア・エニックスの元従業員ら2名が逮捕されていた。これは、両容疑者がスクウェア・エニックスとAimingが共同開発していた『ドラゴンクエストタクト』の開発の進捗状況を知って、2019年12月から2020年2月にかけて、Aiming株を購入したことによるもの。両容疑者は、Aimingの株式およそ16万2000株を、4720万円で買い付けたとされている。

これに対してスクウェア・エニックスは、「現在、東京地方検察庁による捜査が進行中であり、弊社としては、事実の解明に向けて、捜査に全面的に協力してまいります」との声明を発表していた。

東京地検特捜部によると、中裕司容疑者は『ドラゴンクエストタクト』に関する重要情報を、スクウェア・エニックスの社員だった2020年1月下旬ころに知り、その情報が発表される前に、Aimingの株式およそ1万株をおよそ280万円で買い付けたとされている。

 

SNSの反応

 

まとめ

ゲームクリエイターの中祐司氏が2022年11月18日金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで逮捕されました。

中祐司さんは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」や「ファンタシースターオンライン」などを手掛けた有名クリエイターです。

天才プログラマーと呼ばれるほどの才能を持ちながらインサイダー取引とは残念です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
smile21をフォローする
AWESOME!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました